NEW LIFE STYLE

新しい生活様式への対応状況

2020年5月、厚生労働省から新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策についての「新しい生活様式」が公表されました。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとして、個人の暮らしはもちろんのこと、企業としての社会への在り方や、働き方、コミュニケーションの手法などに変化が生じています。私たち株式会社テラシステムも、社内での新しい取り組みが、地域、ひいては社会全体での感染症拡大防止や、よりよい働き方への改革の足掛かりとなることを信じて、無理なく臨機応変に行動を続けていきます。

基本的な感染症拡大防止対策として

マスク着用の奨励マスク着用の奨励
サーマルカメラを設置サーマルカメラを設置
手洗い・消毒の奨励手洗い・消毒の奨励
自分自身と大切な人を守るために
個人の日常生活に求められる事と同じように、全従業員に対してマスク着用、手洗い・消毒を奨励しています。マスクは会社支給、社内の要所に消毒液の設置など、個人の負担にならないよう配慮しています。また、社内玄関に非接触型のサーマルカメラを設置し、従業員、お客様問わず、37.5℃以上の発熱や何らかの症状がある場合、社内への立ち入りを禁止しています。

働き方の変化について

リモートメンテナンスの実施リモートメンテナンスの実施
オンライン会議の実施オンライン会議の実施
テレワークの実施テレワークの実施
まずは、やってみよう
私たちはITの活用やOA機器の導入を通じてお客様のビジネスをサポートする業種のため、政府が進める「働き方改革」の実現の一環として自社やお客様のテレワークやリモートでの業務を推進する立場ではありますが、根本は「対面でのコミュニケーションが大切」と考え、テレワークなどの導入には消極的でした。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとして、「まずは、やってみよう」をスローガンに、様々な新しい働き方に取り組み始めました。業務効率化のため以前から一部は実施していましたが、お客様のパソコン等のトラブルの際のリモートメンテナンスの実施(物理的故障や大規模なトラブルの場合は除く)、オンラインでの会議やミーティングの実施、従業員の輪番制テレワークの実施(ビジネスチャットシステムや各クラウドサービスを活用)など、お客様にご迷惑がかかることが無いよう業務優先で新しい働き方に取り組んでいます。